カメラ買取で必要なものは何か

全て揃っていなくても買取可能

購入時は箱など付属品があります。
人によっては使用していくうちに捨てたり、失くしたりする人もいると思います。
買取時に本体だけしかないけど、買取可能なのだろうか。
結論から言うと、本体だけで買取査定はしてもらいます。
ただし、全て揃っている状態よりは査定金額が下がってしまいます。
特に充電器・充電池がないと下がるところが多いです。
なるべく、購入した状態に近い方が望ましいです。
商品の状態によって査定金額も変動するので、購入後はそれらのことを心掛けましょう。

カメラ買取の対象商品

カメラだけではなく、カメラ関連のものでしたら買取をしてもらえます。
当たり前ですがカメラ本体だけだったり、レンズだけでも査定してもらえます。
他にはカメラ用品も買取対象です。
三脚やカメラバック、双眼鏡まで買い取ってくれるところもあります。
カメラ屋で売られているような商品は、ほとんどが買取対象です。
それと故障していても、修理可能なものであれば買い取ってもらえる可能性があります。
そのことをお店の人に告げて、買取可能かどうか査定してもらいましょう。

宅配での買取

最近はネットでのサービスが増え、店舗に行かなくても買取可能になりました。
主な流れとしては、ネットで買取査定を依頼します。
すると宅配キットが送られてくるので、買取希望の商品を梱包して発送するというものです。
お店に商品が到着後、査定結果の連絡が依頼主にされるという流れです。
店舗に出向く手間が省けて、大変便利なサービスです。
宅配買取の場合は、本人確認書類が必須になります。
中古品売買を行う場合は、売り主を確認することが法律で決まっているからです。
大体は梱包キットに同封されているか、業者のホームページに書類の方法が記載されています。
宅配買取を希望の場合は、注意事項をよく読んでから利用してください。

関連する記事